5年 総合的な学習の時間

総合的な学習の時間に、福祉への理解を深めるために車いす体験・高齢者疑似体験をしました。車いす体験では、踏切板の上り下りをしたり、マットの上を走行したりしました。普段なら1分もかからないコースですが、何気ない段差を乗り越えるにも一苦労。支えなしでは乗り越えられないと気付いた子供たちからは、「助けてほしいときは言ってね。」等の声が聞こえてきました。また、高齢者疑似体験では、手足に重りやサポーターをつけることで思い通りに体を動かせなかったり、特殊ゴーグルを付けることで視界がぼやけたりする体験をしました。思うように文字が書けなかったり、教科書を近づけないと音読できなかったりなど、もどかしさを感じていた子供たち。みんなが幸せに暮らすためにはどうしたらよいのか考えるきっかけとなる体験になりました。

5年 親子活動

6月20日(日)、5年親子活動が行われました。講師に富山大学の水内先生をお招きし、プログラミングについて学びました。タブレット操作に慣れ親しんだ後、「Viscuit」でオリジナルゲームを作りました。どんなゲームにするか親子で話し合いながら作業を進め、思い思いのゲームが完成しました。自分で作ったゲームで遊ぶ姿はとても楽しそうでした。親子での思い出がまた一つ増えましたね!

5年 BFC入隊式

6月11日(金)、火災を想定した避難訓練の後、BFC(少年消防クラブ)入隊式を行いました。「火災に関する知識を身に付け自分たちの周りから火災を出さない環境を作ること、火災を予防すること」がBFCの目的です。子供たちは、火災に関するDVDを視聴することで防災に対しての意識を高め、堂々と誓いの言葉を述べました。これからも防災に関する知識を身に付けてほしいと思います。

5・6年生 ハードル走

6月7日(月)、富山国際大学の金子先生を講師としてお招きし、ハードル走の学習をしました。今回はハードル一台目までの入り方、アプローチ練習をしました。スタートから何歩で一台目のハードルを跳び越えているのか数えながら走りました。そして授業の最後には初めてタイムを計りました。残り3回の練習で少しでも50m走のタイムに近づけられるようにがんばりましょうね!

バケツで稲づくり体験 ―5年生―

5月18日(火)、「バケツで稲づくり体験」をしました。講師の方に教わりながら土の準備と苗植えをしました。今回育てるのはコシヒカリです。多くの子供たちは稲づくりが初体験で、一生懸命取り組んでいました。しっかりお世話をして稲が実ると、お茶碗1杯分になるそうです。秋の収穫に向けてこれから毎日のお世話をがんばりましょうね!

鼓笛練習 ―上学年―

4~6生の子供たちは毎日鼓笛練習に取り組んでいます。よりよい演奏を聴いてもらいたいと願う一人一人の努力が感じられ、練習を重ねるごとに曲の完成度が上がってきました。運動会当日の子供たちの演奏をぜひ楽しみにしていてください♪

卒業を祝う会

3月3日(水)の2時間目に、卒業を祝う会を行いました。

今年度は、1年生から順に体育館に入り、6年生に感謝の気持ちを込めて出し物をしました。出し物以外の時間は、教室のビデオ放送で各学年の出し物を見ながら6年生の卒業をお祝いしました。

1年生は、メダルとメッセージカードを贈りました。

2年生は、招待状を贈りと「6年生クイズ」の発表をしました。

3年生は、お祝い掲示を作成して飾り、メッセージを届けました。

4年生は、縦割り班からの寄せ書きを作成し、届けました。

5年生は、司会進行やこの会に向けての準備を進めてきました。

最後に、6年生からお返しのメッセージがありました。

全校のみんなが、温かい気持ちいっぱいになり、すてきな思い出になりました。

校外学習に行ってきました

2月12日(金)に、「富山県立イタイイタイ病資料館」に行ってきました。公害の恐ろしさ、自然の大切さを学ぶとともに、再び美しい神通川に戻してくださった人々の苦労を知り、感謝する気持ちも高まりました。

 

ミシンにトライ!

家庭科の時間にミシンの学習をしています。最初は、糸をセットすることやまっすぐ縫うことが難しく苦戦していましたが、慣れてくると、子供たちは示された手順をよく見て、手際よくこなしていました。学習を生かして、ランチョンマットを作る予定です。

 

電動糸のこぎりを使ったよ

図画工作科の時間に、木製の伝言板を作るために電動糸のこぎりを使いました。

友達と協力しながら、安全に気を付けて使いました。

「ちょっと怖かったけどおもしろかったね」「〇〇さんがすごく上手だったよ」と、初めての経験でしたがとても楽しく満足感でいっぱいでした。伝言板ができる のが楽しみです。